オートヴェローチェ
  • ask
  • 2009年7月24日、FIA-GT第4戦が行われているスパ・フランコルシャンで、ランボルギーニの2010年FIA-GT規定マシン、ムルシエラゴLP670 R-SVが披露された。 レイター・エンジニアリングが開発したムルシエラゴLP670 RSVは、2009年のジュネーブモーターショーでロードバージョンが発表されたばかりのマシン。 6500ccのV12エンジンからは、エアリストラクター無しの状態で670馬力(493kw)の最高出力と、6,500回転で660Nmの大トルクを発生する。このマシンは2010年FIA-GT1規定のみのマシンとして作られた。 カーボン製のボディは、重量は1,150kg(2010年規定のバラストを含む)に抑えられている。現行のムルシエラゴ R-GTからは、エアロも改良されている。また、サスペンジョン・ジョメトリーとステアリング・ジオメトリーも改善されロールセンターも修正されている。それによりトレッドは拡大されている。カーボンディスクとパッドからなるブレーキ・システムも再設計され、優れた冷却システムを持っている。 Team JLOCは、このマシーンでル・マン24時間レースに参戦した。

    • 年式
      2010年
    • 初年度登録
      22年 5月
    • 排気量
      6500cc
    • 車体色
      マッドブラック
    • 修理歴
      なし
    • ワンオーナー
    • 駆動方式
      2WD
    • 記録簿
    • 禁煙車
    • 保障
    • 走行距離
      -km
    • 車検
      30年  9月
    • 車内色
      ブラック
    • ハンドル
    • ミッション
      6速シーケンシャル
    • 車両重量
      1150kg
    • ドア
      2
    • ディーラー車
      中古並行
    • 燃料
      G
    • サイズ
      全長4800mm 全幅2058mm 全高mm
    • 法定整備
      別途
    • 標準装備/
      純正オプション
    2009年7月24日、FIA-GT第4戦が行われているスパ・フランコルシャンで、ランボルギーニの2010年FIA-GT規定マシン、ムルシエラゴLP670 R-SVが披露された。 レイター・エンジニアリングが開発したムルシエラゴLP670 RSVは、2009年のジュネーブモーターショーでロードバージョンが発表されたばかりのマシン。 6500ccのV12エンジンからは、エアリストラクター無しの状態で670馬力(493kw)の最高出力と、6,500回転で660Nmの大トルクを発生する。このマシンは2010年FIA-GT1規定のみのマシンとして作られた。 カーボン製のボディは、重量は1,150kg(2010年規定のバラストを含む)に抑えられている。現行のムルシエラゴ R-GTからは、エアロも改良されている。また、サスペンジョン・ジョメトリーとステアリング・ジオメトリーも改善されロールセンターも修正されている。それによりトレッドは拡大されている。カーボンディスクとパッドからなるブレーキ・システムも再設計され、優れた冷却システムを持っている。 Team JLOCは、このマシーンでル・マン24時間レースに参戦した。

    • 年式
      2010年
    • 初年度登録
      22年 5月
    • 排気量
      6500cc
    • 車体色
      マッドブラック
    • 修理歴
      なし
    • ワンオーナー
    • 駆動方式
      2WD
    • 記録簿
    • 禁煙車
    • 保障
    • 走行距離
      -km
    • 車検
      30年  9月
    • 車内色
      ブラック
    • ハンドル
    • ミッション
      6速シーケンシャル
    • 車両重量
      1150kg
    • ドア
      2
    • ディーラー車
      中古並行
    • 燃料
      G
    • サイズ
      全長4800mm 全幅2058mm 全高mm
    • 法定整備
      別途
    • 標準装備/
      純正オプション
    • tel:077-584-3300
      mail
    • 2620-85 IMAHAMACHO MORIYAMA-CITY SHIGA JAPAN
    • ZIP524-0101
    • お電話いただければお迎えに参ります

    トップへ戻る